「eスポーツ文化を佐賀のお家芸に」退任の挨拶

久しぶりにして最後の更新となります。

佐賀県eスポーツ協会を立ち上げたのは2018年秋。約2年半、協会事務局長を務めて参りましたが、この度、事務局を退くこととなりました。

後任は、次長の林孝寿が昇格します。2018年は「eスポーツ元年」と言われた年でした。先に協会が出来ていた大分や宮崎、福岡へ研修行脚したことを思い出します。事務局を務める佐賀新聞文化センターたった1社で旗揚げした協会でしたが、今や法人会員70社に迫る勢い。

ありがたいことに県内のみならず、福岡果ては本州の企業様まで会に名を連ねていただき、eスポーツを通じた様々なビ
ジネスの提案をいただくようになりました。私の在任中に行った大会は全部で10回、中でも佐賀新聞社戴冠の鉄拳大会「勝烏」は思い入れ深い大会です。

ここから全てが始まりました。現在はコロナ禍により休止中ですが、新事務局長の下、大会が開催されれば今度はぜひプレ
イヤーとして参戦したいと思っています。

eスポーツは、コンピューターゲームの競技要素に焦点を当てて発展してきている分野ですが、ゲームには最新の技
術が施されていますから、そこに様々な資本が入ってきますし、いわゆる「Z世代」と呼ばれる若者を理解する市場とし
て、またマッチングの場としてビジネス的要素を色濃くはらんでいます。

ぜひこのeスポーツを佐賀のお家芸として、魅力的かつオリジナリティーの高い事業を様々に展開し、リアルの流入人
口だけでなくオンラインでの注目も集まるよう、協会を中心に育てていただきたいと祈念して、退任の挨拶とさせていた
だきます。2年半、私とeスポーツに付き合っていただいた方々へ、本当にありがとうございました!!!

(佐賀県eスポーツ協会事務局長 中島康晴)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA