そうだったのかeスポーツ作戦

こんにちは。本当に久しぶりの投稿です。

今日は江北町のふれあい交流センターネイブルで、子どもたちへ「eスポーツってなあに」授業をしてみました。

協会としても初めての試みですが、未来のウメハラさんになってくれるeスポーツ選手が生まれるかもしれません。

子どもたちに、eスポーツはどうやって生まれたか、どんなものをeスポーツと呼ぶのか、どうやって選手になるのか、というお話をしました。

しかし子どもたちに最近のニュースを話すって、予想はしていましたがやっぱり難しいですね。

退屈しないように、当然画像は多めです。紙芝居をするようにたっぷり写真やイラストを使って、熟語はやまと言葉に、漢字やアルファベットもなるべく使いません。

経済規模、なんて言葉なんて使えませんから「お金をはらってでも見たいという人が増えました」なんていう風に言い換えます。

個人的に大ファンのウメハラ選手が「日本人初のプロ格闘ゲーマー」なんだよ、という話をして、エピソードをいくつか話してしまいましたが、ちょっとこれは子どもたち退屈そうだったなーと反省しました。

ストリートファイターよりやっぱり今の子どもたちはスマッシュブラザーズのザクレイさんなんですね。

最後に、「好きなことに一生懸命取り組もう」その代わり「時間は守ろう」「苦手なことにも挑戦しよう」とメッセージを送りました。

色んなところからヒントを得て、健康的にeスポーツを楽しんでほしいですからね。

自分がそう出来てるか自問自答しながら、子どもたちと一生懸命会話してきました。

それにしても、最後のエキシビジョンでは2日前に会員になってくれたikewaさんを連れていって本当に助かりました(写真、笑)

僕じゃとてもネイブルの職員さんたちには太刀打ちできませんからね~

そんなわけで人材がますます充実しつつある協会です。

明日はあなたの町に行くかも!