悠久の稲荷神社を背に 鹿島市にeスポーツ協会発足

「さが祐徳eスポーツ協会」佐賀県eスポーツ協会の支部として

祐徳門前商店街からe スポーツで鹿島市をより盛り上げようと地元の若者たちが「さが祐徳 e スポーツ協会」を発足させ、活動を始めた。 商店経営、金融機関 、商工会議所など、本業でそれぞれ得意分野を持つ仲間たちが近年ブームの e スポーツに目をつけ、クラウドファンディングなど知恵を出しながら町おこしに取り組む。

会長:諸岡 文男(さくら屋)
事務局長:湯下 利樹(角屋)
会計:中山 裕太 (まつ や)
監事:中村 直昭(家督屋)
事務局:鹿島市古枝甲 1663 番地
発足日:令和 2 年 10 月 1 日
目的:祐徳門前商店街、鹿島市の活性化
目標:当面は e スポーツ大会の国スポ誘致

2019年には地元高校から優勝チームも

2019 年に鹿島高校「ロケットリーグ」全国大会の優勝など、同地域は学生や若者に実力者もおり、祐徳稲荷神社の景観と e スポーツの組み合わせで味わい深い大会を開催していきたいと意気込む。金融のプロなども会員にいる関係から、大会の他にも様々な催しを発信していく。 2024 国スポでは e スポーツ文化プログラムの開催地誘致も視野に入れている。

2021年3月に発足大会

第1回大会として、来年3 月13 日(土)、商店街で「太鼓の達人」(バンダイナムコエンターテインメント)を行う。同協会は佐賀県 e スポーツ協会(佐賀市)の支部として認められ誕生し、開催には県協会も協力する。参加希望者は、佐賀県e スポーツ協会のホーム ぺ ージから申し込む。

▼以下はプレスリリース(画像クリックでダウンロードできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA